TOP > 研究紹介-薬学・創薬

研究紹介-薬学・創薬

research

薬学・創薬

著書

書名・タイトル 著者 出版社 出版年月
ナノバイオ技術と最新創薬応用研究 橋田充, 佐治英郎(編集)・野方誠 株式会社メディカルデゥ 2012年1月
薬剤学-第5版-第2章溶液、第3章安定性 瀬﨑、木村、橋田編 廣川書店 2011年10月
薬物動態学:第5章排泄、第7章薬物速度論 栄田、山崎、灘井編 廣川書店 2010年2月
薬物トランスポーター -活用ライブラリー- 藤田卓也 羊土社 2009年12月
新しい図解薬剤学-改訂4版-第5章薬物の排泄 藤田卓也 南山堂 2009年9月
製剤学・物理薬剤学:第2章溶液、第10章液状製剤 監修:柴崎、赤池、橋田 編集:栄田、唐澤、岡本 廣川書店 2009年8月


論文

タイトル 著者 掲載誌名 出版年月
Studies on the Intestinal Absorption Characteristics of Sulfasalazine, a Breast Cancer Resistance Protein (BCRP) Substrate. Atsuko Tomaru, Nozomi Morimoto, Mariko Morishita, Kozo Takayama, Takuya Fujita, Kazuya Maeda, Hiroyuki Kusuhara and Yuichi Sugiyama Drug Metabolism and Pharmacokinetics 2012年
Pharmacokinetic interaction study of sulfasalazine in healthy subjects and the impact of curcumin as an in vivo inhibitor of BCRP. Hiroyuki Kusuhara, Hidetoshi Furuie, Akihiro Inano, Akihiro Sunagawa, Sakiko Yamada, Chungyong Wu, Shinya Fukizawa, Ichiro Ieiri, Mariko Morishita, Kiminobu Sumida, Hiroshi Mayahara, Takuya Fujita, Kazuya Maeda, and Yuichi Sugiyama British Journal of Pharmacology 2012年7月
Extra-renal Elimination of Uric Acid via Intestinal Efflux Transporter BCRP/ABCG2. Atsushi Hosomi, Takeo Nakanishi, Takuya Fujita, and Ikumi Tamai PLoS ONE 2012年2月
Quantitative evaluation of the impact of active efflux by P-gp and Bcrp at the BBB on the predictability of the unbound concentrations of drugs in the brain using cerebrospinal fluid concentration as surrogate. Hiroshi Kodaira, Hiroyuki Kusuhara, Takuya Fujita, Junko Ushiki, Eiichi Fuse, and Yuichi Sugiyama Journal Pharmacology and Experimental Therapeutics 2011年12月
Intranasal immunization with poly(ɤ-glutamic acid) nanoparticles entrapping antigenic proteins can induce potent tumor immunity. Keisuke Matsuo, Hayato Koizumi, Yumiko Ishii, Kazuhiko Matsuo, Takuya Fujita, Akira Yamamoto, Mitsuru Akashi, Shinsaku Nakagawa, and Naoki Okada Journal of Controlled Release 2011年6月


研究発表

発表タイトル 発表学会名 発表者 発表年月
アロマターゼ阻害剤の脳実質移行性の比較 第28回日本DDS学会学術集会 楠原洋之、宮島真理、高橋佳代、高島忠之、細谷孝充、藤田卓也、渡辺恭良、杉山雄一 2012年7月
薬物ナノクリスタル、どこまで小さくできるのか 日本薬剤学会第27年会 伊吹リン太、荒木加永子、藤田卓也 2012年5月
マイクロドーズ臨床試験を活用した革新的創薬技術の開発(NEDO MICRODOSE PJ)2011(6): ヒト脳D2アンタゴニストによる受容体占有率の予測 日本薬物動態学会第26回年会 呉 春勇、楠原洋之、藤田卓也、杉山雄一 2011年11月
アロマターゼ阻害剤の脳内暴露を規定する要因の解析 日本薬物動態学会第26回年会 宮島真理、楠原洋之、高橋佳代、細谷孝充、高島忠之、渡辺恭良、藤田卓也、シュッツ ジョン、杉山雄一 2011年11月
消化管における能動的尿酸分泌 日本薬物動態学会第26回年会 細見篤史、生川幸司、中西猛夫、藤田卓也、玉井郁巳 2011年11月
ラット門脈-全身血同時採血法による薬物の消化管吸収性評価とP-glycoprotein の寄与 日本薬剤学会第26年会 藤田卓也、守屋友加 2011年5月
各動物種における薬物の消化管代謝の寄与の予測 日本薬剤学会第26年会 守屋友加、藤田卓也 2011年5月